Advertisement-offline

手提げ袋を手軽に購入【注文したい物が見つかる】

効果的な広告をする方法

持ち運べる広告

print

企業の広告・宣伝には様々な方法があります。
新聞の広告チラシや宣伝用ポスター・電車の中吊り広告などは人の目に留まりやすく宣伝効果が高い代わりに、費用が多く掛かってしまいます。
低費用で実現可能な広告としてはインターネット上でのデジタル広告などが主流だと思われがちですが、実は買い物後に商品を持ち帰るための手提げ袋が高い広告効果を発揮します。
街を歩いていると多くの人がそれぞれ異なる種類の手提げ袋を持っている姿が目に留まります。
手提げ袋には会社名・ブランドロゴ・サイトのURLや店舗の住所などをまとめて記載でき、商品購入者は必ず受け取るため宣伝効果が高いと言えます。
さらに手提げ袋は購入後自宅まで持ち帰るまでの間にすれ違う人々への広告にもなります。
店舗の近くでの宣伝は直接店舗に出向くきっかけになり、自宅近くでの宣伝はより企業の名前を広めることにも繋がります。
友人に物を渡すときに利用したり、荷物が多くサブバックとして使用したりとつくりのしっかりした手提げ袋は2度3度と繰り返し活用されるため、宣伝効果が増すのも特徴の一つです。
使う回数によっては中吊り広告などにも引けを取らない効果が得られます。
目に留まりやすく何度も使ってもらえるような手提げ袋を制作するためには、高級感のあるデザインだったり親しみやすい可愛いキャラクターを取り入れたデザインであることが重要です。
必ず購入者の手に渡る手提げ袋を活用することで、効果の高い広告ができるでしょう。

経費削減と宣伝効果の両立

インク

チラシやメールのように様々な種類が存在している広告は、空白スペースの有効活用も大切なポイントです。
例えば、手提げ袋は商品をひとまとめにして持ち運びをラクにする資材ですが、無地タイプの場合は印刷スペースが広々と残っています。
手提げ袋の印刷はコストが上がるため、無地が選ばれることもありますが、まずはこれまでの宣伝広告費と比較してみるべきでしょう。
包装資材と広告をひとつにまとめられますので、手提げ袋は広告費削減にも大きな効果が期待できます。
店名やサービス名のみでも構いませんが、主力商品や会社のイメージキャラクターを印刷してみるのも良いでしょう。
ただし、手提げ袋を持ち歩いている際に広告効果が発揮されますので、細かい文字や詳細な説明書きが適しているとはいえません。
一目でわかるようなインパクトが重要なポイントであり、写真やマーク以外に独特の模様であっても効果が期待できます。
発注先は印刷会社や包装資材専門店がメインとなりますが、近頃はインターネット通販で簡単な入手が可能です。
広告として活用する際はデザインを準備し、手提げ袋のサイズやタイプを選んだのちに業者のウェブサイト経由で入稿します。
多くの場合は専用のテンプレートがダウンロードできますので、印刷範囲のミスが確実に防げるシステムです。
また、業者専属デザイナーへの依頼以外に、自由に配置できるフリー素材も用意されているため、デザイン初心者でも発注できます。

コスパに優れた宣伝

手提げ袋

広告は宣伝です。
しかしかつてのように広告に費用をかければ比例して商品が売れる時代ではなくなりました。
物があふれている時代である背景に加えて、インターネットをはじめとする新しい告知媒体が増加している事による広告の多様化、そして、ニーズの多様化なども要因となっています。
そのため企業はどの広告にどれだけのコストをかけることでその成果がどの程度反映するのかを見極める必要があるのです。
できる限りコストをかけずに広告を行う事も必要ですが、見返りがなければ出す意味がありません。
今、注目を集めているのが、手提げ袋の利用です。
企業が出す手提げ袋は、顧客に持たせることを想定しています。
実はこの顧客が持ち歩くことで宣伝効果を出すのです。
ブランドものなどの手提げ袋を再利用して持ち歩く人が多いのも現実にあります。
これも広告の手法になっているのです。
そのため、高価な手提げ袋を活用するケースが多くなっています。
もちろんイメージ先行になりますので、高価なものである必要性はありません。
目立つデザインであれば、それがイメージ戦略として効果につながりやすくなるのです。
企業の袋はユーザーが買い物をした際に配る事や、株主総会など企業を目的に来場した人に対することでも活用することができます。
もちろん社員が持ち歩くことでも対応することができます。
そのため、会社のオリジナルの手提げ袋を準備している会社は少なくないのです。
新しい宣伝効果として人気があるのです。