Advertisement-offline

手提げ袋を手軽に購入【注文したい物が見つかる】

大きさに注意しよう

デザインと機能の兼ね合い

印刷

手提げ袋は購入した商品を持ち歩くという機能以外にも様々な機能があります。
渡す側にとっての大きなメリットは、歩く広告塔となってくれるということです。
アパレルブランドなどは、多くの場合オリジナルでブランドイメージを体現するかのような凝った手提げ袋を作っています。
それは、購入した人が家に持ち帰るまでの間、そのブランドの広告塔となってくれることを意識しているためです。
車内広告や該当の広告、テレビCM、雑誌の広告などには多額の費用が必要となります。
また、場所も限定的です。
ですが、手提げ袋であれば、購入した人が持って歩く間ずっとブランドイメージをアピールすることができます。
凝ったものだと、贈り物をするときや日常的な荷物運びに再利用されることもあり、広告効果はさらに長く持続します。
そのため、販売するものにブランド力を持たせたいような業種の場合は、オリジナルのある程度きちんとした手提げ袋を作るのがおすすめです。
作るときはデザインも重要ですが、実はサイズも重要です。
手提げ袋は入れるものの大きさにあっていないと、本来の手提げ袋としての機能をきちんと果たしてくれません。
どんなにデザインが素敵でも、使いにくい、持ち運びにくいと思う手提げ袋に購入者は魅力を感じるでしょうか。
ワインならば長細い袋、香水や雑貨などならば小さめの袋、アパレル商品ならば商品が折れ曲がらずかつ大きすぎないサイズの袋といったように、最適なサイズを選ぶのが重要です。

コストと品質の両立

紙袋

オリジナルの手提げ袋は単に商品を持ち運ぶ役に立つだけでなく、ショップの名前を宣伝する効果も持っています、お洒落なデザインの手提げ袋は、商品を持ち帰った後にも再利用されることがあり、さらに販促効果を高めてくれます。
そのため可能な限りこだわった手提げ袋を作りたいところですが、一方で販促ツールとして見た場合、そのほど大きなコストをかけるわけにはいきません。
低コストと高品質の両立が、印刷業者選びの基準になります。
近年ではコストダウンのため、実店舗を持たずネットだけで営業している印刷業者も見られます。
また持ち手の取り付けや特殊加工を自社内で行い、外注コストを下げている会社もあります。
もちろん海外工場へ製造を依頼するのも有力なコストダウンの方法です。
ただし海外へ発注すると、国内製造よりも納期が遅くなることがあるため、急ぎの場合は注意が必要です。
国内製造でも大量の注文をとりまとめ、印刷機の稼働率を上げることで、低コストを実現している業者があります。
ほとんどの業者は小ロットの注文にも対応しているので、気軽に相談してみるとよいでしょう。
製造費用については、個別に見積を取って比較してみることが大切です。
またオリジナルデザインに自信がないときは、業者に作成を依頼することもできます。
手提げ袋は取り扱う商品や業種によって、最適な材質やデザインが異なるため、経験豊富なプロの業者にアドバイスを受けることをお勧めします。

デザインはプロに依頼も

女性

宣伝広告媒体ともなる手提げ袋は、自社のイメージをターゲット層に訴えかける描写をすることで、印象が強まります。
袋の大きさや印刷のカラー度合いによって大きく印象は変わりますが、特に印刷をしなくても印象付けることもできるのです。
例えば個性を追求した形で宣伝媒体としている手提げ袋があります。
この場合、袋に商品を具体的に使うシチュエーションや、使用方法をデザインしているのです。
また、イメージとしてユーモアを交えた形を取っているところも少なくないため、自社のイメージを印象付けるのか、商品を優先した宣伝にするのか、自社で意見を統一させて発注しましょう。
デザインに関して考えがまとまらない場合、有料となることが大半ですが、デザイナーに発注する方法も珍しくありません。
企業によってカラーバリエーションの発注にあわせて、デザインしてもらえる可能性があるため、慎重に企業を選びましょう。
手提げ袋の種類として一般的なのは、紙ヒモ部分がとってを担っている物ですが、布製品やプラスチックのハンドルも珍しくありません。
デザインとの相性を確認し、モニターに持ってもらった感想を踏まえてから決めると、人気の高い物となるでしょう。
用紙はクラフト紙が多く、独特のコーティングがなされた紙を使うこともまれにあります。
またクラフト紙にも色々種類があります。
紙の種類や加工によって料金が異なるため、手提げ袋用の予算と相談してから手に入れることが、必要といえるでしょう。